Kホテル(京都市)のメイドキャプテン・林様

Kホテル(京都市)のメイドキャプテン・林様にお話を伺いました

インタビュアー= 那木(【竹のしずく】スタッフ)/2010年6月

khotel01 Kホテル(京都市)のメイドキャプテン・林様

<自然な感じがとても気に入りました>

―お客様をおもてなしするために、林様が特に気をお遣いになるのは、どのような点ですか?

「私どもメイドはとにかく『如何にお部屋の臭いを消すか』に真剣です。日々戦いですよ。基本はとにかく換気ですよね。そして、残りの臭いの濃度によって消臭剤の噴霧量を加減してます。」

―なるほど、臭いの種類によって対応の違いがあるんですね。【竹のしずく】は特にどのような場面でご利用になっていますか?

「当ホテルは3階・5階・8階が禁煙フロアです。喫煙可能な部屋では、カーテンにもしっかり【竹のしずく】をスプレーしてます。シミにならないから助かりますよねえ。特に、厚いカーテンは洗濯の頻度を上げるのが難しいですからね。

khotel02 Kホテル(京都市)のメイドキャプテン・林様

khotel03 Kホテル(京都市)のメイドキャプテン・林様

これ、竹の香りが「ふわっ」とするところが気に入っているんです。癒し系、っていうのかなあ。日本人でこの香りが嫌いな方はいらっしゃいませんよねえ。外国人の方でもそうなんじゃないかしら。竹=日本という感じがするし、この京都感溢れるホテルに合っていますね。」

―ありがとうございます。京都産の消臭剤ですからね。京都に合っている、と言っていただけるととてもうれしいです!

「『地産地消』という言葉がありますよね。その土地でつくったものを、その土地で消費しようよ、という。京都の一流ホテルである当ホテルと、京都の竹を使った京都発の消臭剤。なかなかいい取り合わせだと思います。」

―すてきな関係ですよね。京都の竹を使って、“竹酢液”を作り配合しているんですよ。

「【竹のしずく】には“竹酢液”が入っているんですか? 私は園芸好きで、バラの葉の病気予防や害虫忌避とか、竹酢液にはふだんからとても重宝してるんですよ。そうかぁー、殺菌力もあるわけですね。」

<格式あるホテル>

―Kホテルの施設全体についても、ご紹介いだだけますか。

「はい。心休まる閑静で落ち着いた佇まいの中、京都滞在をゆったりとおくつろぎいただけますよ。古都の風趣を近代感覚に取り入れた建築は京都美観風致賞を受賞、さらに優れた近代建築物に贈られるBCS賞にも輝いております。」

<地球に優しい「グリーンコイン」>

―最後に、Kホテル様が京都と良い関係を維持するために行っている活動があれば、教えてください。

「地球環境保護に配慮し、『グリーンコイン』制を導入しております。ホテルで日々使い捨てされるアメニティグッズの使用量を、お客様のご協力で削減することにより、身近なところから地球環境への負荷を軽減していくことを目的としています。

お客様が客室の全てのアメニティをご使用にならなかった場合、グリーンコインをフロントにお渡しください。その回収枚数に応じて、国際活動団体が行う緑化活動へ支援金を寄付いたしております。よろしければご参加くださいね。」

―林様、どうもありがとうございました。

インタビュアー那木「林様とのお話が盛りあがって、面白い写真も撮れてしまいました。」

khotel04 Kホテル(京都市)のメイドキャプテン・林様

カテゴリー: Web版竹の里通信, お客様の声   タグ:   この投稿のパーマリンク